動物病院開業の流れ

動物病院の開業を目指す獣医師の方は、開業までにすることが山積みです。
まず何からするべきなのでしょうか。
やみくもに何のプランもなくスタートすると、途中でトラブルや障壁にぶちあたり、開業まで辿り着けない可能性がありますので、しっかりと開業までのプランを立てて、目標に向かって進むことがポイントです。

動物病院開業のプランニング

動物病院の開業をするには、まず資金の調達、物件選び、医療機器や設備を揃えるなど、予算に合ったプランニングをきちんと立てることが重要になってきます。
開業時期と開業の予算を決めます。
開業時期を決めないで進めてしまうと、無駄に月日が過ぎてしまう可能性がありますので、きちんと目標を立てましょう。
また、予算は限りがありますので、明確に決めることで、途中で資金が尽きるということを防ぐようにしましょう。

開業エリア・物件選び

予算が決定すれば、その予算に合った場所選びをします。
開業をどこでするかは病院運営を大きく左右する重大ポイントですので、マーケティングを行い、慎重に選ぶようにしましょう。
候補地の選定をして、土地を買うのか、テナントにするのか、テナントであれば、賃料などの確認をしましょう。候補地の周囲の動物病院の状況、数、ペット関連の施設の確認をしておきます。

物件が決まったら、建築工事のことも考える必要があります。
内装について、家具をどうするかなど、顧客の立場になって考えてみてください。

医療機器の準備・調達

動物病院を開業するにあたり、必要となる医療機器をリストアップし、購入にかかる予算を算出します。
予算次第では、中古品の検討もしてみましょう。
医療機器を購入か、リースか分割か、支払い方法についても検討が必要になります。

動物病院開業当日まで

開業までにホームページを作っておきましょう。
SNSやブログを利用して、宣伝活動を開始します。
インターネットを使った広告と、紙媒体のちらしなどを有効に活用しましょう。