ペット業界が今熱い!

日本では今ペット人気があり、犬猫以外にも小動物、鳥類、観賞魚なども同じく多くの人から愛されています。
このような動物の飼育やお世話を仕事にするのがペット業界で働くということになります。
ペットの病気を診察・治療する獣医師や看護師をはじめ、ペットショップ店員、犬や猫のグルーミングを行い、健康管理をするトリマーなどが代表的な仕事になります。

他にも、動物関連の職種として、専門的なお世話やトレーニングを行うトレーナーなどもあります。
どんな仕事でも、人と動物が共存するために必要な大切な環境作りをする大事な仕事と言えるでしょう。
ペットを飼う人が増加することをふまえて、動物に携わる業種は年々増えてきていますので、これからもっとペット業界は熱くなることが予想できます。

どんな業界なの?

動物が大好きな人が集まる業界となりますので、日々、仕事として動物と触れ合えることが大きな魅力となります。
相手は動物ですので、性格や習性、個性も全て異なり、言葉を使ってコミュニケーションをとることができませんので、相手を理解する気持ちが大切です。
飼い主にとってペットは家族の一員ですので、その生命や健康をサポートするという責任があり、それをやりがいにしていく仕事となります。

やりがいがあり、活躍の場は幅広い

現在では、ペットの高齢化も進んでおり、ペット保険や介護、葬儀などのサービスも急激に増えています。
ペットシッターやペットホテル、トリマーなど、ペット関連のサービスの需要は増えていくことでしょう。

動物にかかわる専門職は、ペットショップだけではなく、幅広い活躍の場があります。
また、独立をする方も多いため、やりがいのある分野となるでしょう。
ペット業界の仕事は様々なものがあり、代表的なものには、トリマー、動物飼育係、トレーナー、アニマルヘルステクニシャン(動物看護師)、獣医師などがあります。これはほんの一部であり、実にたくさんの職種があります。