認定ペットシッター資格取得を目指す

ペットシッターとして開業を目指している場合は、動物取扱責任者の登録を済ませなければいけません。
動物取扱責任者になるためには、所定の要件を満たさなければいけません。
定められている要件の中でも認定ペットシッター資格を取得すると、動物取扱責任者になるための要件を満たすことになります。
ペットシッタースクールでは、所定のカリキュラムに沿った講座を修了すると認定ペットシッター資格を取得できます。
この資格により、自宅で開業することも可能になるメリットがあります。

参考:ペットシッターの資格を取るならペットシッタースクール

講座の特長

ペットシッタースクールの講座は、全国展開されているペットシッター専門のフランチャイズで50万件以上もの実績に基づき構成された内容になっています。
独自に作成した教材を使用して、経験豊富な講師陣が講習を実施しているため、より実践的な内容を習得することが可能になっています。
講師陣は様々な経歴の持ち主が存在しています。
動物行動学に詳しい先生、ペットトレーニングの先生、動物医療の専門医、ペット法学に詳しい弁護士など様々な講師陣が専門的な講習を行っているため、学習をするのが毎回楽しみだという方も多いです。

講座を受講する方法は、通学コースと通信コースがあります。
通学コースでは認定ペットシッターだけでなく、パピーティーチャーの資格も同時に取得できるため、独立開業をする際にはかなり有利になります。
ちなみにパピーティーチャーとは、子犬のしつけを行ったり飼い主さんの用事がある時などに一時的に預かる犬の保育園のような施設「パピー保育園」で働くための資格です。
通信コースでは遠方で学校に通うことができない場合におすすめの方法になります。
こちらは認定ペットシッターだけ取得できるコースになっています。
通信コースで学習する際にはテキストとDVDの教材を確認しながら学ぶことになります。
本当に通信コースだけでも大丈夫なのかと不安を感じる方もいますが、きちんと認定ペットシッターの資格を取得でき、十分なスキルを身につけることができるのでご安心ください。

講座を修了した方が対象になる認定ペットシッター資格の試験については、受験した方の約9割が合格しています。
万が一不合格だった場合でも再試験制度がありますので、あまり不安を感じずにリラックスして受験に臨んでいただけます。
合格後は資格を活かして就職や独立開業など様々な道が開けています。
特に講座と併設してフランチャイズ展開しているペットシッターSOSに加盟して本格的なビジネス展開をすることも可能です。
店舗を構えていなくても自宅で開業することも可能なので、様々なビジネスチャンスが広がると期待できます。