トリマー/グルーマーとはどういう仕事か

トリマー(Trimmer)、グルーマー(groomer)とはいずれもペットサロンなどの動物のケアをサービスとして提供する施設に勤務をしてペット用の動物のための身の回りの世話をするための仕事です。

なお「トリマー」という名称は日本国内独自に使用される和製英語で、もともと同様の職業が先行して登場した欧米では「グルーマー」という名前で呼ばれています。

日本で「トリマー」という名称がついてしまった理由は、それまで一般的ではなかったペット用のヘアカットを行うというサービスが注目されたためです。

それまも犬や猫を飼育するという人はいましたが、そのペットに対して人間にするように美容室でカットをするということは「ぜいたくな飼い方」という認識でとられていたので、特別なサービスをする人という意味でトリマーという名称になりました。

現在では単なるファッションとしてではなくペット動物の身の回りを健康に保つためにケアをするサロンが多くなったので以前までのような特別な人だけが受けるサービスという認識はだいぶ低くなりましたが、それでもペットケアの中心がヘアカットであるという認識が残っているようです。

実際の業務においては海外の「グルーマー」と同様に、ヘアカットだけでなくシャンプー、耳かき、爪切り、ブラッシングなどといったさまざまな世話を同時に行うようになっています。

トリマーになるためには

トリマーとして仕事をするためにはまずはペット動物について学習をし、その上で必要な世話をするための技能を習得しなければいけません。

就職をするために事前に必ず取得をしなければいけない資格というものはないのですが、実質的にまったく未経験の状態では業務をしていくことはできませんので、ペット科のある専門学校などを卒業するなど民間資格を取得してから就職活動をする人がほとんどです。

中でも最も有名なのが「ジャパンケネルクラブ(JKC)」公認のトリマー資格で、動物科のある専門学校の中にもそれぞれ所属する団体や組織があるので、卒業時にどんな資格がとれるかということをしっかり調べておいた方がよいと言えます。

JKCのトリマー資格の場合、技能の習得度合いによって師範、教士、A~C級というランク分けがされており、もっとも下位資格となるC級ライセンスを取得するだけでも最低1年間のカリキュラムを受けなければいけません。

一般的なペットショップからの求人はだいたいこのJKCのトリマー資格B級以上の能力がある人を前提とされています。

店長候補として採用されるには同資格のA級以上がないとちょっと難しいでしょう。

トリマーの主な就職先

トリマーの就職先として最も一般的なのは先に説明したように全国各地にあるペットサロンです。

ペットブームを追い風に現在ペットサロンは数多く出来てきていますが、反面でそれだけお店同士の競争が激化しているという側面もあります。

そこでペットサロンだけを独立して行う施設ではなく、動物病院やペットショップ、ペットカフェといった他のサービスを受けることができるお店の中でグルーミングが受けることができるようにしているところが増えています。

言い換えればトリマーの就職先はペットに関するお店全般ということになります。